入れ歯VSインプラント

お手持ちの入れ歯・ブリッジに満足していますか?

当現在の入れ歯に満足されていますか?

悪い入れ歯・ブリッジをは身体の不調につながります

現在、入れ歯を使用されている方は日本だけで約2300万人とも言われ、そのうち約1000万人は天然歯が一本もない状態です。そうした方は「総入れ歯」として、すべての歯を入れ歯で代用しておられます。それほど入れ歯とは身近な道具です。風邪をひけばマスクをつける、視力が悪くなればメガネをかけるように、入れ歯も日常生活を補助するための道具の一つに過ぎません。

一方で、入れ歯については多くの方がご不満・お悩みを抱えておられます。なかには毎日の食事や生活に支障のある方もおられます。とくにご高齢の方ですと、入れ歯に不具合があっても我慢されていらっしゃる方も多く、「入れ歯は多少の不自由があって当たり前のもの」、「いまさら新しく作り直すのはもったいない」とお考えの方も多くおられます。 しかし、当院ではそういった方にこそ、もう一度ご自身の歯・口腔について見直していただきたいと考えます。

また、正しくフィットしていない入れ歯を長期にわたって着用し続けていては、食事の楽しみが半減するだけでなく、さまざまな全身疾患を引き起こす原因にもなるため何らメリットがありません。 
当院では、最先端の医療機器であるCTスキャンやコンピューター・シミュレーションを積極的に導入し、患者さま一人一人に合った高品質の入れ歯を製作しています。入れ歯に関するお悩みのある方、とくにシニアの方で入れ歯をあきらめていらっしゃる方は、ぜひ一度、当院までご相談ください。もっと楽しめる食事、かめる喜び、健康的な生活を復活できるようサポートさせていただきます。


入れ歯でよくある不満

  •  入れ歯が口の中でグラついて安定せず、外れやすい
  •  入れ歯で食事していると、食べ物の味や温度を感じにくい
  •  入れ歯だとしっかりとかむのが難しく、とくに硬い食べ物はかみにくい
  •  入れ歯に歯ぐきが当たって、歯ぐきが痛い
  •  入れ歯だと感覚が鈍くなりやすく、食べ物も詰まりやすい
  •  入れ歯だから不衛生になりやすく、口臭の原因にもなる

なぜ入れ歯に不満を感じやすいのか

入れ歯に不満を感じてしまうのはなぜ?入れ歯はプラスチックの材料で作られているため、天然歯と比べると「かみごたえ・歯ごたえ」は感じにくくなります。また、構造的に粘膜で支えられているため、直接的に刺激の伝わりやすい硬いものなどを食べるのは適していません。

さらに部分入れ歯の場合、健康な歯に器具(バネ)をかけて支えているため、他の歯に負担がかかってしまうといった悪循環に陥る場合があります。入れ歯を製作する時はしっかりと口腔に合わせて作りますが、長年の使用により、どうしても違和感が出てきて、安定感を失い、グラグラと外れやすくなってきます。これは入れ歯が、食事による圧力がアゴの骨の細胞を刺激して、骨が適切に新しい骨を作り出すといった天然歯の役割まで果たせないためです。入れ歯を使用すると、こうした刺激がアゴの骨まで届かず、それによって骨を新しく作る反応が失い、徐々に退化してやせ細ってしまいます。

こうした悪循環が入れ歯を使用する方の不満につながっています。 
とくに上の歯よりも下の歯は、骨と歯ぐきの多く部分が比較的少ないため、いったんアゴの骨がやせてしまうと、入れ歯を作り直したり、調整しなおす必要がでてきます。やせて細ってしまったアゴの骨の神経に刺激を与える結果となるため、強い痛みを感じる原因にもなります。また、比較的に安定しやすい上の歯であっても、いったん不安定になればかみ合わせが悪くなり、「外れる」、「グラつく」といった不具合が起きます。こうした悪循環を改善できないまま、最終的には入れ歯そのものが壊れてしまうこともあります。

入れ歯をしっかりと固定する「インプラントオーバーデンジャー」

入れ歯を固定するためのインプラントオーバーデンチャー上記のような悪循環を改善するために、まだ残っている歯を支えにしたり、埋め込んだインプラントを利用して、取り外し式の総入れ歯にする方法を「インプラントオーバーデンチャー」と言います。

この方法を用いれば、歯ぐき(粘膜)だけで全体を支えている一般的な総入れ歯と比べて、しっかりと口内全体に固定されるため、食事中に入れ歯がズレたり、食べ物がはさまって痛みや食べ辛さを感じるといったことが解消されます。入れ歯が外れやすい、不満をもっているという方にお勧めしたい治療法です。

「インプラントオーバーデンチャー」のおすすめポイント

  •  口の中で入れ歯がしっかり安定するため、ふいに外れる不安をなくす事ができる
  •  粘膜(歯ぐき)にかかる負担(刺激)を大幅に軽減できるため、アゴの骨がやせるのを防ぎ、入れ歯の安定が長持ちする
  •  構造的には総入れ歯と同じなので、審美的(見た目)にも優れている
  •  構造的にシンプルで、簡単に取り外しが可能なため、シニアの方でもメンテナンスしやすい

「インプラント・入れ歯」のメリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット

  • メリット

     メンテナンスを定期的に行うことで、永続的に咬合(こうごう)が安定する
     治療の際に、他の健康な歯を削る・抜くなどが必要がない
     口内に天然歯と同じように馴染むので異物感がまったくない
     見た目が天然歯とほとんど同じなので違和感がない
     機能的な面でも天然歯と同じように食事を楽しめる
     正しくかめるので、失った歯の部分の骨の減少を防げる
     適切なメンテナンスを定期的に行えば、インプラントのパーツは長期的に使用できる
     治療期間が比較的に短時間で済む

  • デメリット

     アゴの骨の状態(薄さ・厚み)によっては治療を行えない
     外科手術が必要なため、患者さまの体調・持病によっては治療が行えない場合がある
     入れ歯と比べて、どうしても費用が高くなってしまう
     治療の過程で歯根膜という組織が失われるため、メンテナンスを適切に行わないと重度の歯周病・骨の感染症の原因となる
     治療を受ける歯科クリニックに高度な医療器具が必要とされる
     医師・スタッフに高い技術力が必要とされる


入れ歯のメリット・デメリット

  • メリット

     治療の際に事故が起きにくく、安全性が高い
     口内にはめ込むだけなので、すぐに咀嚼(そしゃく)機能が回復する

     健康保険適用内の製品なら安価に製作できる
     シニアの方でもご自身でメンテナンスしやすい

  • デメリット

     入れ歯がきちんと口にフィットしていないと、アゴの骨の喪失につながる
     長期の使用により、アゴの骨に悪影響(痩せる・減るなど)を及ぼす
     数年ごとの作り替えや調整が求められる
     見た目は天然歯と異なる
     会話時の発音に影響のでる場合がある
     アゴの骨がやせていると装着感が悪く安定しにくい

当院がインプラント治療をお勧めするのには理由があります

当院がインプラント治療をお勧めする理由入れ歯はその構造上、人の口に完全にフィットしながら天然歯と同じ機能を長期的に維持していくことは不可能です。使用している間に、外れやすくなったり、フィット感が悪くなったりといった問題点が発生してきます。

インプラント治療であれば、そういった点を改善させ、長期に渡って快適にご使用いただけます。機能的な点で言えば、もともとあった歯と同等の状態へと近づけ、さらに食事の際の温度・湿度の点も改善されるので、多くの患者さまにご満足いただいております。

また近年、「しっかりとかめること」は口腔だけでなく、全身への健康にもつながることが分かってきています。当院では、あらゆる歯科医療・治療を行う総合歯科クリニックとして質の高い医療サービスを提供しています。医師の高い技術と最新の医療技術・機器が必要となるインプラント治療においても、豊富な治療実績と臨床経験を誇っており、皆さまに安心・ご満足のいただける質の高い治療を行っています。