入れ歯・義歯

今の入れ歯で満足ですか?入れ歯について見直してみませんか

入れ歯

歯を失ったときの治療方法として「入れ歯」はさまざまな口腔状態に対応できるので、とても万能な代用品と言えます。日本では75歳以上のご高齢者の方で3分の1以上の方が、すべての歯を入れ歯で代用する「総入れ歯」を使用しています。これだけ多くの方々に利用されている「入れ歯」であるにもかかわらず、ご自身の入れ歯に、痛みやかみづらさ、外れやすさといった不便を感じておられる方は実に1,000万人以上ともいると言われています。

「入れ歯」を正しく装着できなければ、食事や日常生活を楽しむことができないばかりか、正しくかめないことが原因でアゴの骨が急速にやせていきます。そして、アゴの骨がやせることで、入れ歯のフィット感がさらに悪化し、フィット感の悪い入れ歯を使い続けることで、またさらにアゴの骨がやせてしまう、といったまさに悪循環のくり返しです。 「入れ歯」を使用されているご高齢者の方のなかには、「もう高齢だし、入れ歯が使いづらくても仕方ない」とあきらめていらっしゃる方や、「入れ歯なんてそんなものだ」と誤った認識をお持ちの方もいらっしゃいます。

しかし、日々進歩を続ける最新の歯科医療で、最新の入れ歯はそんなに粗悪なものではありません。患者さまの歯ぐきにぴったりとフィットする入れ歯があれば、驚くほど食事もおいしくなり、快適な毎日をお過ごしいただけます。 当院ではまず「入れ歯とはどういったものなのか」についてご説明させていただきます。

また、「正しい入れ歯とそうではない入れ歯の違い」についても知っていただきたいと考えます。より充実した毎日を送るため、患者さまにご満足いただける入れ歯作りを全力でサポートさせていただきます。

正しい入れ歯をつければ、こんなにうれしいメリット!

入れ歯の役割とは何でしょうか。抜けた歯の代わりに食べ物を食べるだけの道具でしょうか。右側の歯がなくても左側でかめば入れ歯は必要ないでしょうか。本当はそうではありません。きちんとフィットした入れ歯をつけて、両方の歯でバランスよくかむことは、食事を楽しめるだけでなく、脳の機能や全身の健康、生活リズムにまで良い影響を与えます。正しい入れ歯でしっかりとかむことは、以下の効果も期待できます。

唾液腺を刺激し、唾液の分泌が促されるので消化・吸収がよくなる。

新しい虫歯を防いで、口臭も予防できる。

かむことで脳へと刺激が伝わり、認知症の予防につながる。

日常生活の姿勢が改善され、骨折や捻挫の防止にもつながる。

【ポイント1】 唾液腺を刺激し、唾液の分泌が促されるので消化・吸収もUP!

合わない入れ歯やフィット感の悪い入れ歯を使い続けていると、唾液の出る唾液腺をふさいでしまったり、舌を動かしづらくなったりするために、唾液が分泌されにくくなります。口内に乾燥を感じたり、うまく発音できない感じがあるときも要注意です。

唾液の量は多いほどよく、少ないとお口の中で雑菌が増殖しやすくなり、虫歯や口臭の原因にもなります。 入れ歯は唾液によってお口と密着しているため、口内が乾燥した状態では、入れ歯がずれたり外れやすくなってしまいます。正しい入れ歯できちんとかんでいれば、こうして唾液の量も増やすことができます。


【ポイント2】 かむことで脳へ刺激が伝わり、認知症の予防効果もUP!

正しくフィットした入れ歯を使い続けることは、認知症の予防にも効果があります。食事の際に歯と歯をかみ合わせる刺激が、歯の根元から脳へと伝わります。この刺激によって、体の感覚や運動、記憶や思考、意欲をつかさどる脳の部分を活性化します。さまざまな研究で、「歯の本数が少ない人ほど、記憶や学習能力に関わる脳と、思考に関わる脳の部位に萎縮がみられる」という結果もあり、それだけ「自分の歯でかむことがいかに重要か」ということを示しています。

また、同じ年齢の人を比べても、歯が20本以上ある人と、そうでない人とでは、認知症のリスクが2倍近く異なるというデータ結果もあるほどです。 当院では、入れ歯に不具合を感じておられるご両親のために、ご子息やお孫さんから「両親のために入れ歯を作ってあげたい」といったご要望をよくいただきます。入れ歯を使用されているご本人さまだけでなく、ご家族さまからのご相談もお受けしていますので、当院までいつでもお気軽にお問合わせください。


【ポイント3】 日常生活の姿勢が改善され、骨折や捻挫の防止にも役立つ!

正しくフィットしていない入れ歯を使い続けて、かみ合わせの悪い状態を放置しておけば、身体の筋肉がゆがみ、姿勢を乱す原因になります。たとえば、右側だけでかむことを続けていると右側の筋肉がこり、左右の肩の高さが違ってきます。肩の高さが異なれば、身体全体の姿勢も乱れて、動きがブレるために、足を捻挫したり、転倒して骨折してしまうリスクが高まります。

また、バランスの悪い姿勢は、肩こりや偏頭痛にもつながります。 左右とも均整のとれた正しい入れ歯を使い続けていれば、両方の歯で正しくかめるようになり、身体全体のバランスも整えられ、姿勢の乱れや身体のブレは改善されていきます。かみ合わせはそれほど身体全体の健康だけでなく、入れ歯にも重要です。当院では最新の医療技術を駆使して、患者さまに最適にフィットする入れ歯を製作しています。正しいかみ合わせのできる入れ歯で、より健康的で快適な毎日をお過ごしください。

最新の入れ歯がとても優れている理由!

一般的な入れ歯とは異なる高品質な入れ歯を製作するとなると、健康保険の範囲内で可能な入れ歯の製作にはどうしても限界がでてきます。当院では、患者さまにより健康的で快適な毎日をお過ごしいただくために、ご満足いただける入れ歯を製作するため、自費診療での入れ歯の製作をご提案しています。いつまでも心地よく長くお使いいただける「至極の一品」をお届けするために、最新技術を駆使した正しいかみ合わせのできる入れ歯をお作りしています。

従来の4分の1という軽量素材の軽~い入れ歯!

重たい入れ歯はかむという動作に負担をかけます。重さによって外れやすさのリスクも高まります。当院の入れ歯は、チタンやコバルトクロムという軽量素材を使用することで、従来の4分の1という軽量な入れ歯を実現しています。


圧倒的な薄さで違和感も少ない入れ歯!

口内の感覚というのはとても敏感です。わずかな異物でも大きな不快感となりますので、できる限り薄い素材で作れば、違和感を軽減できます。当院の入れ歯は、従来の6分の1という驚異的な薄さの材料での製作が可能です。


温度が伝わってくるから、食事がおいしい!

従来の入れ歯は口の中の食べ物の温度を感じにくいものでした。熱いもの、冷たいものを食べてもその温度が分かりにくいのでは、食事の楽しさも半減してしまいます。当院の入れ歯は、温度を感じやすい素材で製作しているので、こうした問題も解消できて食事もおいしくなります。


目立ちにくいから、笑顔と自信を取り戻せる!

口の中で入れ歯を固定するための銀色の針金が目立ってしまうと、口を開けることが億劫になり、笑顔に自信がなくなってしまいます。メンタル面でもよい影響を与えるとは言えません。当院の入れ歯は、できる限り入れ歯の針金が見えにくいよう工夫しているので、自信をもって笑顔で過ごせます。


高い精度で調整し、高いフィット感を実現!

どんなに素晴らしい素材を使用していても、患者さまのお口に正しくフィットしていなければ、入れ歯としての役目は果たせません。当院の入れ歯は、従来よりもはるかに精度を高めた、ミクロン単位での緻密な調整を行っています。高いフィット感を達成した入れ歯のご提供が可能です。

ぴったりフィットした入れ歯ならアンチエイジング効果にも有効!

合わない入れ歯入れ歯をお使いの方で、「最近、入れ歯を使用するようになって、急に顔が老けて見えるようになった」とお悩みをもたれる方も多いかもしれません。実はこれは入れ歯が正しくフィットしていないことが原因となっている可能性が大きいです。

「総入れ歯」をお使いの方が、入れ歯を外すと「おちょぼ口」になってしまうように、お口の中の歯というのは顔全体の輪郭と密接に関わっています。顔の輪郭が変わってしまうと、シワが寄ってしまったり、頬がたるんでしまう原因にもなりますので、結果として老けて見えてしまいます。

だからこそ、ぴったりとフィットした正しい入れ歯のご使用をお勧めしています。正しい入れ歯なら、正しくかんで食事を楽しめるだけでなく、老け顔になる心配もありません。シワやたるみの原因にもならず、いつまでも若々しいお顔と口元を見せられます。

ぜひ当院で最新技術を駆使したフィット感の高い入れ歯を体験してみてください。また、入れ歯を製作した後の定期的なメンテナンスもお任せください。年齢とともに変化する口腔状態に対応して、患者さまのお口と入れ歯をお守りいたします。

入れ歯の種類

近年では快適性と見た目(審美性)を重視した入れ歯(義歯)が数多く開発され、患者さまにとって入れ歯の快適性は格段に上がっています。当院で取り扱う入れ歯は「ノンクラスプデンチャ-」「金属床義歯」「保険の入れ歯」です。ご要望にあったものをご案内いたします。

  • ノンスクラブデンチャー

    ノンスクラブデンチャー

    ノンクラスプデンチャーとは金具(バネ)を一切使わない部分入れ歯のことです。留め金(バネ)がないため目立ちにくく、入れ歯のピンク色の部分で歯に固定させますので口を開けても入れ歯をしていることがほとんど分からないほど目立ちません。また、金具を一切使わないので金属アレルギーの方にも安心してご使用していただけます。軽く、薄く、弾力のある素材で出来ていますのでお口によくフィットする快適な入れ歯です。

  • 金属床義歯(チタン・コバルトクロム)

    金属床義歯(チタン・コバルトクロム)

    上顎の内側に当たる部分(床)が、チタン、コバルトなどの金属でできた入れ歯です。プラスチックよりも薄く作ることができるため、一般に熱伝導性も高く、食べた感触や食べ物の温度などをはっきりと感じることができます。

  • 保険の入れ歯(プラスチック義歯)

    保険の入れ歯(プラスチック義歯)

    保険が適用されますので費用は大幅に抑えられますが、入れ歯に使用できる素材がレジン(歯科用プラスチック)に限定されてしまいます。この素材は熱を伝えにくいので、食事のときに味や香り、温度などを感じにくいとされています。また落としたりすると割れてしまう場合もあります。

  • オーバーデンチャー

    オーバーデンチャー

    オーバーデンチャータイプの入れ歯とは、2~4本のインプラントを埋入し、入れ歯をしっかり安定させる治療法です。患者さんが自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡易です。